ミックス毛の毛先のちりつきは切らないとダメ❓<大阪 堺 住吉 心斎橋 中百舌鳥 ウィッグ・かつらを作成 乳がん 抗がん剤治療 自毛相談 by ヘア・クオーレ大阪 美容室Ha-DU(ハドゥ)>

こんにちは〜😀 
 なかもず・住吉店担当の谷田(しゅう)です❗️

ミックス毛って使っているうちに毛先がちりついてきてカットしたよ❗️って方、結構多くないですか❗️❓

全然、切らなくていいんですよ〜❗️


ファイバー毛の中には耐熱加工がされていないのもあるんですが、耐熱加工無しのウィッグはごめんなさい!カットしてください😅

耐熱加工がされているウィッグに関してはストレートアイロンで熱を入れることでサラサラになるんです❗️


ただし、耐熱と言っても、100℃以下とか80℃以下とか記載されているものもあるので最初にちゃんと調べてからにしてくださいね❗️


試しにやってみますね〜😉

まずは、ストレートアイロン前の少しちりついた状態。

次にアイロンで伸ばした状態。

ちなみに、今回のモデルウィッグは熱は何℃でも大丈夫って代物。。


ぜひ、おうちでお試しくださいね〜😉⭐️


でも、絶対に何℃までの耐熱か調べてからにしてね😉




0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!