注目されています

私たちは日々髪の毛でお悩みの方のケア活動を行っています。医療関係の現場の看護師さんや患者会の皆様など多くの方に支えられての活動です。地味な活動ですが、口コミなどで少しづつですが患者様などからの支持を受けております。

4月に発売されました。医薬経済という専門誌に活動が掲載されました。少しでも皆さんのお力になれればと思います。



目次:
**【特 集】********************

■検証・日本医師会■カルテ開示
法制化阻む日医の「高い壁」
-プライドかけた攻防戦が残したもの-

■製薬企業■
排出規制の矢面に立った業界
-東京都の要請受け、MR営業車の「使用抑制」-

■新薬■
開発が活発化する抗肥満薬
-時流に乗り遅れるも、動き始めた国内メーカー-



==【連 載】====================

◆IMSデータに見る市場動向=トップ3がほぼ肩を並べる
◆業界尽言=審査や安全対策も官民対話を
◆ドクターかでいのくすりの裏技=薬が悲劇を生む
◆流通改革とMS機能=変化するGP市場の把握
◆環境激変 MR進化論=新製品併売時、ジェネリック出現時の対策
◆薬剤経済学=B型肝炎新薬の費用対効果
◆海外時報=国と民間で競う医療情報電子化
◆DPC環境下の医療産業戦略=DPCとP4P その・
◆中医協物語=中医協は「言語明瞭・意味不明」番外編
◆医薬時評=治験の「スピード・コスト・質」の改善

◆患者会=日本ヘアエピテーゼ協会

◆フロントライン=違和感覚える大臣訓示
◆アジアの医療見聞録=日本だけではない医師不足
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=ファシリテーションのコツ
◆リーダーのための読書論=「見える化」による個人の変化、組織の進化
◆言葉が動かす医薬の世界=医療ADR



患者会というところで当協会の理事長が「ピンクリボン運動」のような啓蒙活動はもちろんいいことなのですが、現場で悩んでいる患者様たちのケアにももっと目を向けてほしいと訴えました。

先日も、病院の看護師さんからお電話り、当協会のパンフを置きに来てくださいとご依頼がありました。患者様の事をすごく考えておられる素敵な方でした。
すこしでも、皆さんのご期待に沿えるように頑張らないといけないと感じました

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!