エクステのアレンジ

前々回、ウィッグにエクステをつける提案で、実際にアイロンなどでまいて作る方法をご説明します。
今回はお客様でモデルをしている方にカールをつけるのですが、ウィッグも全く同じなので参考にしてくださいね。※特殊なファイバー毛を除いては人毛に限ります。
画像は拡大できます


始めにブローをしてストレートにします。バックは3段ぐらいに分けつもりで一番下のベース(耳と耳を結ぶ位置)を残し、上に束ねておきます。


アイロンで巻くときには中間から巻き始め、毛先に巻いていきます。ご自分でされる場合もアイロンのコードが上に来るようにもって巻き始めます。


始めのベースは4つに分けて内巻きか外巻きにカールをつけます。


出来上がったら、次のパネルをおろします。


2段目は1段目と違う方向にまいていきます


この時も同じように中間から毛先に巻き込んでカールを作ります。


内巻きと外巻きがMIXされた状態です。この時に1段目のカールと2段目のカールが同じ方向ならまとまってボリュームが出ないので注意してください。


サイドは上下2段に分けて下の段を外巻きにカールをつけます。


まとめて1個ぐらいでカールを作ります


トップ、サイドの上段はふんわりさせる為に内巻きに巻いていきます



最後にブラシを通してアイロンで出来た束感を崩して出来上がり[emoji:i-175]

ブラシは毛先が金属製のクッションブラシがおススメです。
慣れれば10分ぐらいでできますのでチャレンジしてみてください!

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!