ウィッグでオシャレをしよう! その1

ヘアエピテーゼの仕事を始めて3年以上がたちます
年々、たくさんの方と触れ合ったりお知り合いになり、すごく楽しいです。


このブログも報告などが中心でしたが、今月のウィッグの勉強会や患者会の参加などを通していろいろな方より、メールなどを頂き、日々の出来事やもっと日常的なことをとりいれていこうとおもいます。

さて、今回はウィッグのセットをするためのホットカーラーの巻き方です。
初めに基本的なことなのですが、
髪の毛を取って巻き込むわけですが、この髪の毛を取り出す角度(ステムと言います)によって根元のボリュームが違ってきます

初めの状態です。

普通に取り出した状態です。この角度でまきこむとややボリュームが出ます。

先ほどよりも前に倒す(アップステム)にするとより根元のボリュームがでます。
逆に反対に手前に引き気味(ダウンステム)にすると根元のボリュームは出ません。
ダウンステムは襟足などの毛先にカールがほしい時に使います。

ホットカーラーを当てます。

毛先を巻き込んでいきます。この時のコツは指で髪の毛をおさえて、手首を回転させて、持ち替えてまきこんでいくことです。そうすることによってしっかりと巻き込むことができます。

付属のピンで止めます。すごく根元にボリュームの欲しい方は巻いた状態でヘアスプレーを振ればよりボリュームが出ます

※耐熱性のあるウィッグで行ってください。ナイロン等のファイバー毛のウィッグはちじれたりする場合がありますのでご注意ください
※使っているホットカーラーはナショナル製(今はパナソニック?)なのですが、ホットカーラーの表面にブツブツの突起があります。からみやすく、困っている方はハサミで切り取った方がからみにくいです。写真のカーラーは切り落としています

つづく

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!