誰の責任?

12月17日に大阪府の松原市民病院が閉院が市議会で決まりました。

まさか市民病院が・・・なんでも医師不足と施設の老朽化により経営を圧迫して40億近い赤字の為のようです

実際に医師不足を招いたのは国の責任だと思うし、病院も国からの援助もあり無駄な経営をしていたのかもしれません。また、患者側にも些細な診療やドクターハラスメントなどによる無理な負担を病院に与えていたのかもしれません。

でも、緊急の重病患者や重症患者が診てもらえない状況ではあまりにもひどすぎます

国は無駄使いをする独立行政法人や必要がない公共事業などをやめて、まずは医療、そして雇用、経済、年金、教育などに優先順位を決めてちゃんとやってほしいものだ。

いつも病院に出入りをしていますが、現場のドクターや看護師さんは本当に熱心に頑張っておられます。

麻生さんでもだれでもいい!早く改善してほしい


★抗がん剤治療や脱毛症やその他の理由による脱毛でお困りの方にやかつら購入費の軽減策を求める署名活動にご協力を募っております。下記URLよりお願いします。


読み終えたら↓ボチット押してください




■厚生労働省に円形脱毛症の『難病指定やかつら購入費の軽減策を求める署名活動』にご協力をお願いします。

JAACホームページ  http://jaac.info/main/
署名受付ページ   http://jaac.info/main/modules/inquirysp/



http://www7.plala.or.jp/natsukun/index.html
『なつくんを救う会』にご協力をお願いします。
ただいま、多くの方にご自身のブログで紹介いただいております。
ご協力ありがとうございます

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!