クセ毛について

抗がん治療後の生えてくるくせ毛や脱毛症の方で重度のくせ毛で困ってい方はたくさんいます[emoji:v-409]
そこでクセ毛について説明します。

一般的に直毛とクセ毛とがありますが、直毛は根元から毛先までなめらかな直線で、断面図も円に近い形です。
一方、クセ毛は太さが一定ではなくゆがんでいて、断面図も楕円形からクセが強くなると三角形状になってきます。その為にザラザラしているように感じます[emoji:v-390]

クセ毛になる原因は2通りあります[emoji:v-363]
[emoji:v-136]


普通、毛穴はまっすぐ上を向いているのでそれに沿って直毛になります。
しかし、毛穴がねじれている(左)と髪の毛は頭皮に出るまでは柔らかいためにねじれた状態で生えてきます。

これは、いいとか悪いとかいう問題ではなく日本人や中国人などは毛穴がまっすぐ向いている場合が多く、白人や黒人などは逆に毛穴がねじれている場合が多いいのです。

それに伴って髪の毛の伸びる長さも変わってきます。
[emoji:v-507]日本人、中国人→80cm
[emoji:v-506]白人 →50cm
[emoji:v-508]黒人 30cm (大体の目安です)

この為に黒人の人たちは髪の毛を長くするためにエクステをつけて長く見せたりします。
また、強度のクセ毛の場合も髪の毛が伸びても切れたりする為にウィッグを着用する方がいる理由はそのためです

[emoji:v-137]


もう一つの理由は髪の毛の2種類のタンパク質(親水性と疎水性)が通常混じっているのですが何らかの理由により分かれた状態で髪の毛が形成されるとクセ毛になります。

よく、今までは直毛だったのに抗がん剤治療後の髪の毛がクセ毛になる理由とされているのは抗がん剤の影響でこのバランスが崩れたと言われています。
もちろん影響がなくなると(治療をやめて半年後ぐらい)元の状態に戻ってきます。

[emoji:v-279]雨の日など癖が出てくるという方はタンパク質がかたよっている場合が強いケースです。

ただ、クセ毛になる理由はほとんどの場合この二つの理由が重なってクセ毛になる場合がほとんどのようです[emoji:v-388]
明日はくせ毛に対処する縮毛矯正についてご説明します[emoji:v-411]


読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!