ウィッグの選び方①

ファッションウィッグと医療用ウィッグの違い



いろいろお客様よりウィッグの修正や質問などをお聞きしますが、問題がある場合のほとんどがウィッグの選び方を間違っていたり、知らなかったりする場合がほとんどです[emoji:v-410]

初めにファッションウィッグと医療用ウィッグの違いなのですが、大きな違いは人工頭皮の有無です。

ファッションウィッグの場合は脱毛に関係なくスタイルを楽しむのもが多く、金額的にもリーズナブルなものが多いです。価格的には1万円~3万円ぐらいです。
素材的にはナイロンなどを使用しているので質感などもウィッグという感じがします。
また、作成段階でもウエフト(機械編み)と言って髪の毛の束を重ねて作る場合がほとんどで重たくなります。


髪の毛の分け目など、ネットが目立ちやすいです[emoji:v-388]

一方、医療用ウイッグは抗がん剤やその他の理由による脱毛の為に普段の生活に支障がなく、ごく自然に見えるように作成されています。
そのために軽く、長時間つかえることと、髪の毛がないので地肌が見えないように人口頭皮でカバーするようになっています。
またネットも編み状になっていて数本の毛を丁寧に編み込んで作成していきます。
そのために価格も10万円以上はします。メーカーにもよりますが、数10万円もする高級なウィッグもあります。

人工頭皮になっているので、ごく自然に見えます[emoji:v-411]

ここで考えなくてはいけないのが、毎日ウィッグを使用する場合には使う人の程度によりますが、1年から1年半が寿命になってきます[emoji:v-409]

単純に1ヶ月の[emoji:v-331]美容料金を1万円として12か月から18か月分が一つの目安として考える方がいいと思います[emoji:v-363]

続く



読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!