ウィッグの選び方②

人毛とファイバー毛



ウィッグを選ぶ時に人毛、ファイバー毛、Mix毛とありますが、それぞれに特徴があります

人毛


人毛はもちろん人の髪の毛を加工して作られたものです。
特徴としては自然な風合いとパーマやカラーが出来ることです。あまりカラーはおススメできませんが、加工が可能ということです
逆に水分を吸うということで乾きにくいのともつれやすいという面があります。
また、最近では中国などでも手に入りにくくなってきているので値段も高くなっているのが現状です

ファイバー毛


ファイバー毛は人工的に作りだした髪の毛です。
特徴は乾きやすく、ニオイなど抗菌効果などが挙げられます

特に最近では人毛を超える人毛と言われるものもがあります。
素材はナイロンからポリエステルまで様々でマネキンなどの髪の毛はナイロン、より自然な場合はポリエステルが使用されています。

同じポリエステルでも韓国製などの安価な人工ファイバーは表面に凹凸をつけて人毛の風合いを出していますが、時間が経つと絡みやすくなります

一方、日本製のハイテクファイバー毛はレーザーで無数に穴を開けて人毛の風合いを出す、高級なものもあります
問題点はカラーやパーマができないことです

Mix毛
ミックス毛は人毛とファイバー毛を混ぜて作ったもので両方のいいところをとっています
乾きやすく扱いやすい、もつれにくいという長所がありますが。加工するという面では人毛ウィッグまでの自由度はありません

金額的にも人毛→Mix毛→ファイバー毛と安くなっている場合が多いです
安い場合はウィッグだとわかりやすい面もあります

見た目など実際に手にとってそれぞれの特徴を考えてお求めになる方がいいです。

続く



読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!