ウィッグの選び方④

人工頭皮の量

医療用ウィッグには地肌が見えないようにするために人工頭皮が付いています[emoji:v-410]
人工頭皮はいろいろな素材でできていますが、ビニール等でてきている場合は通気性が悪く蒸れる場合があります。



このようなパート(分け目)部分だけの人工頭皮の場合にはパートが決まっており、どこからでも分けられるという訳にはいきません。
それともっと深刻なことが人口頭皮も時間が経つと抜けてくるのです[emoji:v-388]



人工頭皮とネットの境目が見えてくるのです[emoji:v-409]
下のネットの部分は増毛などが出来ますが人口頭皮の部分はどうすることもできません[emoji:v-406]


理想的なのが頭のハチの部分まで人工頭皮があるとパートも変えることができるし、
ある程度、抜ける髪の毛を想定してカットが出来るのでウィッグの寿命を延ばすことができます[emoji:v-411]

人工頭皮の素材などを考えてウィッグ選びの材料にしてください[emoji:v-221]

続く



読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!