ウィッグの選び方⑥

アジャスター

アジャスターとはウィッグのサイズの微調整をします




アジャスターがあるのとないのでは大きく違いがでます。
ちょうど鉢巻をするようにウィッグを固定します。
ゴムのベルトで止めるので、締め付ける強さも自由にできます

アジャスターのないウィッグはピンなどで止める必要があるのでこの点もチェックしておいた方がいいです

今回、ウィッグの選び方についてのポイントを説明しましたが、ウィッグは高いからいい、安いから悪いというものではありません。
大切なことは使えるか使えないかということです。
洋服と一緒で消耗品になりますが、つけていてストレスにならないウィッグがいちばんです。ウィッグのポイントをしっかりと覚えて購入のヒントにしてください


読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!