抗がん剤治療後の自毛のカラーについて



抗がん剤治療後の自毛のカラーについてですが、ある程度髪の毛が伸びてくれば可能です
治療後の頭皮は非常に刺激を受けやすくなっており、白髪染めなどは地肌に薬液を塗布しますので刺激等があり、炎症などを引き起こす場合があります



マニキュアと同様に地肌に薬剤をつけないようにして、染めていく方かいいです

美容室でお願いする場合は、皮膚が弱いので多少根元は染まらなくても良いので地肌に薬剤をつけないように塗布してくださいとお願いする方がいいです

抗がん剤治療中にもかかわらず、薬によっては余り脱毛されない方もおられます。
同様に、治療中の頭皮は非常に刺激を受けやすくなっておりますので、染めることは可能ですが、なるべくなら抗がん剤治療が終わってからのカラーをお勧めいたします





↓是非、一度ご覧ください
SHIHOのこころ

カツラ美容師・福本志穂さんの志を引き継ぐ美容師を募集しています。
がんと向き合う美容師さんは、ぜひこちらへ。

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください




0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!