ウィッグの下地用ネット





ウィッグの下地用ネットは長さが中途半端な髪の毛を抑えるのに使用します。
また、収縮式でないウィッグにはピンが付いていますので、このネットにとめたりします。

抗がん剤治療が終わって、髪の毛が生えてきた時などにウィッグをかぶりにくいとか、脱毛症の方なども同様です。
被って、余った部分はピンで止めて出来上がりです

このようなネットは百貨店などのウィッグコーナーで売っています。
価格は500円~1000円ぐらい。

もし、買いに行くのに抵抗がある場合は、自分で作ってみてくださいね
100円ショップなどに行ってストッキングを買ってきて、以下の部分をカットします。



ちょうど腹巻みたいな状態です
ウエストにあたる部分をフェイスライン(顔のまわり)
に来るように被り、ピンでとめて出来上がりです

頑張ってやってみてくださいね



堺市南区からご来店の M様、本日はありがとうございました
またのご来店をお待ちしております

 
↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!