ウィッグの色について

ウィッグにも暗めとか明るめとかいろいろあります。

髪の明度(明るさ)のことをレベルといいます。
そのレベルを並べたものがレベルスケールといいこんな感じです ↓



一般の日本人は5.5レベル。
写真では5と6の間です。外に出てみると真っ黒ではありません

普通、6レベルの色に12レベルのカラー剤を載せると
6+12(レベル)=18レベル
18レベル÷2=9レベル ↓ 中間の色になります



というように入れた色にならないのですよ

さらに痛んでいる場合は異常に明るくなったり、
暗くなったりします

特にウィッグの場合は傷んでいるので染まりやすい
ということを理解しておいてくださいね


ウィッグをお求めの場合写真の9レベルか10レベルまでの
色が限界だと思ってくださいね


理由は・・・

人口頭皮が白いのであまり明るい色だと地肌が透けて見える
感じがするのですよ



ヒント

そこで、明るめのウィッグを希望するのなら
9~10レベルのウィッグを買って毛先を明るくカラーするほうがいいです。
ネットが染まらないのと自然な感じが出ます

傷むのでなるべく染めないでくださいね


 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!