NPO法人としての活動

10月各地で美容イベント「ビューティーレッスン」が開催され、
年内残すは11月の愛知のみとなりました。

各地で大盛況だった「ビューティーレッスン」。
来年も開催予定ですのでご期待ください

さて、そのビューティーレッスン内でもご紹介させていただいた「ボイス・オブ・ペイシェント」。

「今までのように普通に生活したい。治療で失ったボディーイメージを取り戻したい。」
私たちNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会は、こころとからだにダメージを受けたそんな女性患者の声から、
カットして初めてスタイルが完成する医療用ウイッグ、「ヘアエピテーゼ」を考え出し、治療前のカットから
地毛デビューまでのカットをボランティアでさせていただくことで、社会復帰のお手伝いをさせていただいてきました。
多くの患者さんとふれあう中で、女性のボディーイメージの変化がいかに大きな精神的打撃になるかを実感してきました。
そして、一方では、元どおりのヘアスタイルに再現できた時の患者さんのこころからの笑顔から、
「女性らしさを取り戻すことが、大きな癒しになるのだ」との思いも確信して来ました。

がん治療は高額な治療費が長期間必要です。そこで、女性らしさを再現する補整具(ウイッグ、人工乳房、下着等)が医療費の対象となり、助成をうけられるよう、ヘアエピテーゼという垣根をはずし、多くの声を集めて行政に働きかけることにしました。

どうぞ、あなたの声で、女性患者さんたちに笑顔と誇りを取り戻すお手伝いをしてください。

ボイス・オブ・ペイシェントは、補整具の医療費控除を求める請願を厚生労働大臣に提出致します。
オンラインで署名または用紙を事務局にご郵送願います。

事務局住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-2-7 長者丸ハイツ443
NPO日本ヘアエピテーゼ協会「ボイス・オブ・ペイシェント」係

オンライン署名

手書き署名用紙





facebookでシェアする



女性のがん治療にともなう補整具を、医療費控除の対象に!
ご協力お願いしますね

医療用かつらの保険適用や医療費控除に向けた市民運動ブログ「みんなの声を届けるまで」


 ヘアエピテーゼについてもっと詳しく見る

 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム

地図↓
http://www.mapion.co.jp/m/34.605845_135.511771666667_9/

↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/

読み終えたら↓ボチット押してください

0コメント

  • 1000 / 1000

※Ha-DUなかもずアトリエ店は完全予約制になっておりますので事前にご予約の方お願いいたします。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Ha-DUでは 大阪(心斎橋 住吉 長居)、堺(北区 なかもず)で 乳がんやその他のがん患者さんの抗がん剤治療の影響で脱毛される方のために 医療用ウィッグ(医療用かつら)で今の髪型の再現をするとともに、今まで通りの生活をおくることが出来るようお手伝いをしています。 また、脱毛前の自毛のカット、治療後の自毛のカット、カラー、育毛促進、縮毛矯正(ストレートパーマ)などの対応もしています。お気軽にご相談ください。

Ha-DUが取り扱うこだわり商品「医療用再現ウィッグ」・「その他のケア商品」は「Ha-DUのHP」にてご紹介しておりますので是非ごらんください!